背中のかゆみ〜原因から解る改善策

背中のかゆみ〜原因から解る改善策

背中のかゆみの原因はさまざま

背中のかゆみの症状

 

 

身体のかゆみについての悩みで多く見られるのが、背中のかゆみですが、その原因はさまざまです。

 

そのなかでも、主なものとしては、「接触性皮膚炎」「温度の変化・乾燥」「ノミ・シラミ」「乾皮症」「アトピー性皮膚炎」などがあります。

 

それぞれについて簡単に説明していきましょう。

 

 

背中のかゆみの主な原因

 

▼接触性皮膚炎

 

接触性皮膚炎というのは、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、一般に言う「かぶれ」のことで、かゆみだけではなく発疹が伴います。

 

接触性皮膚炎には「一時刺激性接触性皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」があります。

 

「一時刺激性接触性皮膚炎」の原因は、普段使っている石けんやシャンプー、入浴剤、軟膏など、皮膚に直接触れるものが自分の肌に合っていないために、背中などにかゆみが生じます。

 

「アレルギー性接触皮膚炎」は、皮膚に接触する特定のもの(貴金属、衣料繊維、植物、動物など)によってアレルギー反応が引き起こされ、かゆみが生じるというものです。

 

▼温度の変化・乾燥

 

あまり知られていないようですが、温度の変化によって背中のかゆみが出ることがよくあります。

 

こう書くと、「ああ、温度が高くなるとかゆくなるんだな」と思われるかもしれませんが、実は逆で、温度が低くなることで背中がかゆくなることが少なくないのです。

 

背中に限らず、全身の皮膚の健康状態というのは、身体の他の器官(内臓など)と同じように、さまざまな代謝によってコントロールされ、一定のバランスが保たれています。

 

ただ、皮膚は身体の表面にあるため、体内の器官と違って、常に外気(空気)にさらされているため、温度によって状態が左右されやすいのです。

 

たとえば、冬場のように空気が冷たいときには皮膚の代謝が悪くなり、水分が失われて乾燥した状態になり、その結果として背中がかゆくなってしまうのです。

 

空気そのものが乾燥していると、なおさら皮膚も乾燥してカサついた状態になり、一層、かゆみが出やすくなってしまうのです。

 

▼ノミ・シラミ

 

ノミやシラミが背中のかゆみを引き起こすことがあります。犬や猫などのペットを飼っている家庭では要注意です。

 

▼乾皮症

 

男性ホルモンの「アンドロゲン」が減少すると、皮脂の分泌量が少なくなり、皮膚が乾燥して背中にかゆみが生じることがあります。これを「乾皮症」と言います。

 

乾皮症は、アンドロゲンの少ない子供や高齢者に多く見られます。

 

▼アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎では、身体のあらゆる場所にかゆみが出ることが多く、背中も例外ではありません。

 

アトピーは子供の病気と思われがちですが、決してそのようなことはありません。

 

たとえ子供のころにアトピーではなかったとしても、成長してから発症するケースもあり、その場合も背中にかゆみが伴うことがあります。

 

背中のかゆみの改善策

サンプルサイト

背中のかゆみの改善は原因からつきとめなければなりません。原因を知らべてそれにあった改善策で背中のかゆみはなくなります。

≫詳細ページ

かゆみに潜む重大な病気

サンプルサイト

ただのかゆみだからといって放置していては危険かも!
背中のかゆみは重大な病気のサインかもしれません

 

 

≫詳細ページ

 

 

 

 

 

 

更新履歴