トップページ

    このサイトではキアの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「キアの買取相場をリサーチして高額買取してくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のキアを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をするので気を付けてください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、キア(起亜)の買取価格の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社までキアの買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「キアを高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているキアの買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、韓国車のキア(起亜)を高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    キアの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのキアの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのキアでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がキアの買取査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、複数の業者が韓国車のキアを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきたキアを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の輸入車の買取専門業者です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、韓国車のキアなら日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですから、韓国車のキアならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に見てもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    車買取コラム

    車の査定金額が下がる原因には何点かありますが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車に修理歴があることです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで下がってしまう時もあるのです。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    なるべく高値で中古車を売却したいときには、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    他社の見積金額を見せて交渉することで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには中古車の無料一括査定サイトを使うとベターですが、一括査定サイトで異常に高額な査定額を表示する業者は車だけ取られてお金が振り込まれない詐欺にあうかもしれないので注意するに越したことはないでしょう。

    所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどこでも0円査定だったとしても、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者に買取をお願いする事ができますので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、査定前に洗車していようと、査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、あとから業者のほうでも出来るからです。

    といっても、利点がないわけではありません。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。

    点数をつけるのは担当者ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして何年落ちといった言い方をするものです。

    実際には製造年からカウントするのでなく、その車が初めて登録された年数ですから要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは驚くほど低価格になりかねません。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、買う側から見ればその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    買取業者に中古車を買ってもらうには、まず見積りをもらうところがスタート地点です。

    一括査定サイトなどのウェブサービスで得られる査定額は目安的なものですので、後に実車査定が終わると正式な価格が提示されます。

    満足のいく価格であれば、印鑑証明書(軽自動車は不要)や必要書類一式を用意して契約という運びになります。

    それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などの型通りの手続きをもって売主の口座に買取代金が振り込まれ、あとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、プラス査定になることが多いです。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスして汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    車体の色が定番色以外の場合には、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    流行のボディカラーだとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、ある条件を満たしていれば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをして還付されるものなのです。

    手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、タダみたいな値段しかつかないときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    よそで値段がつかなかった車でも、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。

    そうした業者の取り柄というと、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、車の処分にかかる費用が無料で済むというところです。