トップページ

    このサイトではキアの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「キアの買取相場をリサーチして高額買取してくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のキアを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をするので気を付けてください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、キア(起亜)の買取価格の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社までキアの買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「キアを高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているキアの買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、韓国車のキア(起亜)を高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    キアの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのキアの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのキアでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がキアの買取査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、複数の業者が韓国車のキアを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきたキアを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の輸入車の買取専門業者です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、韓国車のキアなら日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですから、韓国車のキアならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に見てもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    車買取コラム

    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときにはいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、売る前に車検を実施してもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされて得をすることはないので、わざわざ手間暇かけて直前に車検を実施しておく利点は何も無いのです。

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、たとえ嘘をついて査定してもらっても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    軽微な損傷であって、適切な処理が施されているならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    もし多くの買取業者で同じように買取金額がゼロ円になってしまうと言われた場合には、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    中古車の査定額の概要をチェックするときに、Web上の中古車一括査定サイトを活用するという手もありますが、買取希望車のメーカーのWebサイト上で査定金額の参考値を調べることができます。

    メーカーサイト上で参考値を知るだけならば個人情報は必要なく売却希望の車の年式や車種などの基本情報のみで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    中古車買取り業者に査定を頼む際には、所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、実際に売却する段階になれば、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、姓の変更があった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。

    売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければ時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、査定額が高くなりがちだと言われていますが、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのが中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    ネットだからと時間を気にせず査定依頼の登録をすると、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、連絡先の選択は注意するポイントです。

    近頃市場に出回っている自動車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものがほとんどです。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば見積額が高くなるかも知れません。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのにタダみたいな値段しかつかないときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    プロに頼む利点は、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも車の処分費が無料ということです。

    愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除などを通達してくる事があるのです。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分の方が非難されるべきですが、査定時に何か見落としがあったというならば非難される覚えはないのです。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。