トップページ

    このサイトではキアの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「キアの買取相場をリサーチして高額買取してくれる買取業者に売却したい」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のキアを高額買取してもらうために外せないのが「複数の車買取業者で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をするので気を付けてください。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。いくつかの車買取専門店からの査定額を比べられるので、キア(起亜)の買取価格の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車高額買取のための車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知名度抜群なので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社までキアの買取査定が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡をお願いすれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「キアを高く売りたいから買取相場を知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているキアの買取査定相場が表示されるうえに、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、韓国車のキア(起亜)を高く買い取ってくれる車買取業者が見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話で連絡があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    キアの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのキアの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    申し込みをした後はいくつかの会社から電話がかかってきますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数社に査定してもらうことで数年落ちのキアでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がキアの買取査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた業者にあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、複数の業者が韓国車のキアを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきたキアを1円でも高く売ることをおすすめします。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車専門の輸入車の買取専門業者です。
    輸入車・外車を専門にして既に創業から15年以上、1年間の取扱台数は外車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、韓国車のキアなら日本車メインの買取店より高額買取が実現することも多いです。
    ですから、韓国車のキアならまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取金額を比較してみてください。

    いくつかの買取専門業者に見てもらった後で、最後に外車王に査定をお願いするのがおすすめです。相場よりも高い査定額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきたキアを売りましょう。






    車買取コラム

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    分かりやすいところでは、オープンカーは冬場は相場が下がるなど、一定の車種によっては相場が高値になる地域や季節柄がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    しかしながら、どのような車の種類にも同様のことが言えるのですが、初めて登録した日からの日数が早いほうがその車の価値は上がるということです。

    じっさいに車を手放すならば幾らかでも早めの行動をする方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    車買取の査定をするときに、例えば、カーナビなどの付属品があると査定額が高くなる傾向にあります。

    ただ、最近発売されている車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、最新式のカーナビでない場合には見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビ非搭載だと査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、少々査定額が高く出るという噂があります。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車体の傷などが見えにくくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど担当者も甘くはないのです。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、売却対象車につけられた査定価格にも必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、見積りを出してくれた担当者に有効期限を確かめておいたほうが良いでしょう。

    最長で2週間ばかりの有効期限が設定されていると思いますが、市場の動きによってはさらに短くなることがほとんどです。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    10万を超えると過走行車となり、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    けれどもそれで諦めろといったわけではなく、まだ道は残されています。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    一般的に年度末で決算でもある3月やボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    どこの販売店でもそうですが、今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    売る時期を特に決めていないのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が全般に下がり気味になります。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

    売却予定車の査定金額を見せられたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか事前に必ず聞いておくべきです。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、保証期間はさほど長くはできないのが一般的ですから無理は押しつけないようにしましょう。

    愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を通達されることがたまにあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側が責任を取る必要がありますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    充分な心構えを持っていたとしても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げるケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    自分に落ち度が何もない場合には、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。